Fountaine Pajot社用にパーソナル化したネームバッジ

Fountaine Pajot社のロゴ

Fountaine Pajotクラブの販売者およびメンバー向けにパーソナル化したバッジを作成

ボート所有者カードの発行によりイメージを向上させるため、および年次ディーラー会議に対応するため、カタマラン造船会社のFountaine Pajot社は、EvolisのBadgyプリンタを使用して会員カードとバッジを作成しています。

 

年次会議および所有者クラブ向けにネームバッジをプラスチックカードに印刷

Fountaine Pajot社は、1976年からポワトゥー・シャラント地方でカタマラン船の設計および造船を行っています。 世界トップレベルの同社は、パリ証券取引所に上場されており、従業員は現在500人に及びます。

セールスマネージャーは毎年、およそ100名のボート所有者との会議を準備しています。品質に妥協することなく、会議用のネームバッジを迅速に作成する必要があります。

同社は成長途上にあったため、所有者クラブの会員カードの作成は下請けに出していました。このソリューションでは迅速な対応は不可能でした。

 

 

Badgyプリンタを使用してパーソナル化したプラスチックカードIDバッジ

2016年の初め、より柔軟でプロ品質のバッチを作成するため、セールスマネージャーは地域の再販業者からBadgyプリンタを購入することを決めました。

Badgyはバッチ作成のオールインワンソリューションです。カスタマイズソフトウェアの使用や、カードおよび消耗品のライブラリへのアクセスを可能にします。

Fountaine Pajot社のバッジは抑え目かつ明確です:企業ロゴ、氏名、会員番号、または販売者の会社名が記載されています。

 

 

Fountaine Pajotクラブ向け会員カードおよび会議用ネームバッジをすばやく簡単にカスタマイズ

「プリンターは費用効果が高く使いやすくて、カード作成を柔軟に行えるようになりました」と、Fountaine Pajot社のコマーシャルディレクター、Steven Guédeau氏は述べています。

 

今年は300枚のバッジを印刷する必要があると同氏は見積もっています。

後方参照へ