柔軟性の高い独立型の学生証カード発行ソリューション

Badgy - Logo ESPL

フランス、アンジェ市に所在するEcole Supérieure des Pays de Loire(ESPL)では、これまで数年にわたり、Badgyデスクトッププラスチックカードプリンタを使用して、毎年1,000枚以上の学生証カードを作成、印刷してきました。2017年、学生支援担当責任者であるElsa Barrault氏はプリンタをBadgy 200モデルにアップデートすることを決定し、導入に至りました。

ESPLでは、経営学やビジネス学の上級技術者免状(BTS)ディプロマ、学士号、修士号の取得を目指す学生を毎年約1,000人サポートしています。ESPLは4校が合同で運営する組織の一部であり、アンジェ市内の大学キャンパスもこれに所属します。

 

迅速で柔軟性の高い学生証カード印刷

Elsa Barrault氏は、毎年新学期に発行する新しい学生証カードを、ほんの数分で作成、印刷できるようになりました。また、次のような場合に通年で新しいカードを発行することもできます。

  • カードを紛失した場合
  • カードが盗難にあった場合
  • 学生のステータス変更に伴い更新が必要となった場合

 

Elsa Barrault氏は特に、このようにカードを随時作成できるBadgy 200プリンタの柔軟性について、高く評価しています。

 

「これは実用的かつ経済的なソリューションであり、私たちが求める応答性や柔軟性という条件にぴたりと合致しています。グラフィックデザインやテンプレートの可能性が無限大である点も見逃せないポイントです」

 

作成時間を大幅短縮するデータベース機能

Badgy 200ソリューションには、データベースをインポートできるカード作成ソフトウェアが付属しています。

仕組み

  1. ソフトウェアでカードを作成する。
  2. 学生ごとのデータを設定する。自動更新される。
  3. カードを印刷する。

 

これにより、ほんの数回クリックするだけで、大量のカードを作成することができます。

「データベース機能によって、カードの作成に要する時間が大幅に短縮され、すばやく簡単にカードを作成できるようになりました」と、Elsa Barrault氏。

 

Badgy - Student sample cards example - ESPL Angers大学別のカードテンプレート

学生証カードは、組織に属する4校それぞれのスタイルガイドに従い、片面または両面にカラー印刷されます。印刷項目は次のとおりです。

  • ロゴ
  • 学校の所在地
  • 学長名
  • 学長の署名
  • 学生の氏名と写真
  • 有効期間の開始日と終了日 

 

Badgyソリューションを導入する以前、ESPLでは学生証カードを厚紙で作成し、学生のデータを手入力し、写真を貼りつけた後、耐久性を高めるためにプラスチックのカバーを付けていました。

 

「カードの作成時間が大幅に短縮されました」と、Elsa Barrault氏は語ります。

 

後方参照へ