スペインのNGOによる会員カードの活用

Agcs Guardias civiles solidarios

人道支援活動におけるボランティアメンバーへのIDバッジ

自然災害に遭った地域で人道支援活動を行うにあたって、組織のメンバーを明確に識別することは重要な要素です。粉塵、多湿環境、太陽下での劣化を防ぐため、ボランティアメンバーのバッジには高い耐久性が求められます。  

AGCSはスペインの治安警備隊総局に属する非政府組織です。2014年に在職中の隊員によって結成され、大きな災害の起こった国での人道的救援活動を行っています。

 

Badgyプリンタを使用した耐久性の高いプラスチック製会員カード

2015年には組織がより体系化し、150人のメンバーにカスタマイズバッジを支給するため、EvolisのBadgyプラスチックカードプリンタが導入されました。.

 

「厚紙のバッジでは耐久性が低いと考え、プラスチックカードプリンタを選択しました。」とNGO会長のJosé Cabrera氏。

 

プリンタが導入されてから、これまで190枚のバッジが印刷され、その多くにはBadgyソリューションに含まれるEvolis Badge Studioを用いたカスタマイズが施されました。組織のロゴとボランティアメンバーの名前を含む形で、バッジのカラー印刷が行われています。

 

スピーディで簡単な会員カードのカスタマイズ

「Badgyと、Evolisによる技術的サービスに非常に満足しています。会員カードを自主制作するNGOでは、通常短期間でカードを印刷・郵送しなくてはならないため、迅速で効率的なアフターサービスによってプリンタが問題なく機能することが重要です。」とJosé Cabrera氏。

 

ネパールの高度4000 m地点での降雪や、フィリピンのような多湿環境など、さまざまな気象条件でも、バッジは劣化しませんでした。「まだ真新しく見えます!」とJosé Cabrera氏は嬉しそうに語ります。

後方参照へ