音楽機器のアフターセールスサービスカードの導入により、効率的な顧客サービスを実現

Kunath Logo Success Story

ドイツのフルダに拠点を置くKunath社は、10年間にわたってハイエンドレコーダーを製造してきました。オーナーであるJoachim Kunath氏は、設立当初は15名の社員しかいなかった同社を、レコーダー製造会社としてはドイツでトップ3に入る規模にまで成長させました。同社の製品はドイツ国内だけでなく、幅広い再販業者のネットワークを通じて世界各地で販売されています。また、オンラインストアでの直接販売も行っています。

 

 

 

 

 

マーケティングの新しいアイデアを考案

常に顧客サービスの向上に取り組んでいるKunath氏は、2016年末に、製品のシリアル番号を示す保証カード(アフターセールスサービスカード)をプラスチックカードとして印刷し、それを各製品に貼付したらどうかと考えました。この場合、ユーザーがKunath社のWebサイトで登録を行ってアフターセールスサービスカードを有効にするという流れになります。

このカードには、ユーザーとKunath社の両者にとってさまざまなメリットがあります。

  • エンドユーザーに対して保証延長サービスを提供できる。
  • ハイエンド製品とそれを構成するコンポーネントを追跡できる(世界中を飛び回るミュージシャンにとって、これは重要な付加価値になります)。

Kunath社のマーケティング活動に対する顧客の問い合わせ情報を保存できる。

ニーズに最適な品質と価格のBadgyプリンタ

2016年12月に、Kunath氏はGoogleで「カードプリンタ」という用語を検索し、いくつかのディスカッションフォーラムにアクセスしました。それらのフォーラムでは、ユーザーがさまざまなプリンタ製造業者に関する意見や感想を交換していました。見た目がきれいなカードを作成したいと考えていたKunath氏にとって、4色印刷に対応したプリンタというのが必須条件でした。そのためKunath氏は、品質と価格の両方において、Evolis Badgyオフィスカードプリンタが最適なプリンタだと判断しました。先進的で洗練されたデザインも、Kunath氏がこのプリンタを選択した理由の1つです。 

 「Badgyカードプリンタのおかげで作業効率が上がり、外部のサービスプロバイダに作業を委託する必要がまったくなくなりました。操作も簡単で、インクリボンの使用レベルの表示も非常に正確です」とKunath氏は言います。

 

誰でも簡単に使用できる直感的なソフトウェア

 

Kunath氏は自分でもカードをデザインしましたが、その際、操作に慣れていないユーザーにとっても、Badgyのソフトウェアは非常に直感的で使いやすいということを実感したそうです。「広告用の資料を作成する際に、これまでさまざまなページレイアウトプログラムを使用してきましたが、Badgyのソフトウェアは非常に使いやすいソフトウェアだと思います。チュートリアルビデオも非常に優れています」

アフターセールスサービスカードには、以下の情報がカラーで両面印刷されます。

  • 製品のシリアル番号
  • レコーダーの写真
  • Kunath社のロゴ
  • 保証とオンライン登録に関する情報(カードの裏面に印刷)

Kunath氏の夫人が滞在するホテルのアクセス制御カードを印刷

 

プリンタの能力を最大限に活用するため、Kunath氏は、ギフトカードと、夫人が滞在しているホテルの電子ロックシステムを制御するためのアクセス制御カードも印刷しています。 

ホテルのアクセス制御カードには、セキュリティを強化するためのチップが埋め込まれています。このアクセス制御カードは、Kunath氏の夫人が滞在しているホテルのコーディングマシンを使用して暗号化され、その後、Badgyプリンタで印刷されます。カードのサイズがプリンタの仕様に対応していれば、コーディング前のカードであっても、Badgyプリンタで印刷することができます。

 

毎月150枚のプラスチックカードを印刷

Kunath氏は現在、毎月約150枚のプラスチックカードを印刷しています。最近になってスイスのレコーダー製造企業を買収したため、毎月印刷するアフターセールスサービスカードの枚数が数百枚程度にまで増える見込みです。「印刷枚数が増えても、Badgyならまったく問題ありません」と、Kunath氏は自信を持って言います。 

 

後方参照へ