よくある質問

Badge Studioの使用方法

Evolis Badge Studio+へのアップデート方法

  1. [一般] > [Badge Studioライセンス]メニューに移動します

upgrade evolis badge studio +

ウィンドウが開き、現在コンピューターにインストールされているBadge Studio のエディションと、クーポンコードを入力するためのテキストフィールドが表示されます

upgrade to ebs+

  1. テキストフィールドにアップグレードコードを入力します
  2. [アップグレードを有効にする]をクリックして、続行します

evolis badge studio +

  1. 数秒後、アップグレードが正常に完了したことを示すウィンドウが開きます。
  2. [OK]をクリックして、Badge Studioを再起動します

upgrade coupon

ソフトウェアを再起動すると、Badge Studio+が有効になります。 ソフトウェア名が次のようになっていることで、確認できます。Badge Studio+

evolis badge studio +

Badge Studioでサポートされるプリンタモデルは?

Badge Studioは、Badgyプリンタモデルのみのサポートおよび印刷を目的として開発されました。Badge StudioはBadgy、Badgy100およびBadgy200のみをサポートします。

Badge Studioで印刷するにはプリンタドライバのインストールが必要ですか?

はい。Evolisから提供される最新のBadgyドライバをインストールする必要があります。 

別のプリンタモデルを設定できますか?

いいえ、Badge Studioは、BadgyプリンタモデルのサポートおよびBadgyプリンタモデルによる印刷を目的として開発されました。

Badge Studioでサポートされるプリンタモデルは?

Badge Studioは、Badgyプリンタモデルのみのサポートおよび印刷を目的として開発されました。Badge StudioはBadgy、Badgy100およびBadgy200のみをサポートします。

別のプリンタモデルを設定できますか?

いいえ、Badge Studioは、BadgyプリンタモデルのサポートおよびBadgyプリンタモデルによる印刷を目的として開発されました。

Badge Studioで印刷するにはプリンタドライバのインストールが必要ですか?

はい。Evolisから提供される最新のBadgyドライバをインストールする必要があります。 

サポートされているデータベースの種類は?

Badge Studioは内部データベースのみサポートします。CSVなどの区切りファイルやExcelスプレッドシートまたはAccessファイルからデータをインポートすることもできます。
この機能は、Badge Studio+エディションでのみ使用可能です。

データベースフィールドに画像をリンクできますか?

はい、できます。データベースを作成すると、Badge Studioではコンピュータ上に画像ソース用のデータベースフィールドをすぐに作成できるようになります。
データベースフィールド上で右クリックして[プロパティ]メニューを開いて、データの種類をインデックス付き画像に変更できます。
詳細については、ユーザーマニュアルまたはヘルプメニューを参照してください。

直接.XLSおよび.XLSXデータベースファイルに接続できますか?

いいえ、できません。Badge Studio+で直接Excelデータベースに接続することはできませんが、Excelスプレッドシートからデータをインポートすることはできます。

データベースレコードを編集できますか?

はい、Badge Studio+はフィールドおよびレコードを管理・作成・修正するデータベースエディタを統合します。

Badge Studioを使って画像を編集できますか?

Badge Studioは画像操作ツールが搭載されているので、画像をクロップ、反転、回転、カラーバランス、コントラスト、明るさの他にモノクロ化することができます。
さらに、自動で画像サイズを変更して定義してある四角いエリアにはめ込むことができるだけでなく、顔検出とクロップが容易にできるフェイスクロップツールも搭載されています。

Badge Studioを使ってデジタルカメラ、ウェブカメラまたはスキャナから画像を取得できますか?

はい、Badge StudioはDirectshow、WIAまたはTWAIN対応のデジタルカメラ、ウェブカメラまたはスキャナであれば作動します。

カードエリアにある画像を保存またはエクスポートできますか?

はい、Badge Studioでは.bmp、.gif、.jpg、.mng、.pbm、.pgm、.png、.ppm、.tif、.xbm、.xpmのいずれかの拡張子でエクスポートできます。

Badge Studioでサポートされるオペレーティングシステムは?

Badgy StudioはWindows XP SP3、Windows Vista、Windows 7、Windows 8, Windows 10およびMac10.5以上をサポートします。現在、Linuxオペレーティングシステム対応のBadge Studioバージョンはありません。 

Badge Studioは64ビットのオペレーティングシステムをサポートしていますか?

はい、32ビットと64ビット両方をサポートしています。 

Badge Studioで使用される保護システムは?

Badge Studioには保護システムはありませんが、Badge StudioはBadgyプリンタのみをサポートする目的で開発されたことにご注意ください(そのため、他のプリンタを認識しません)。Badgy200に接続されたキーまたはアップグレードキーをお持ちでない場合、Badge Studio+エディションは実行せず、Badge Studioエディションのみ実行します。

複数のパソコンにBadge Studioをインストールできますか?

はい、インストールできますが、Badgyプリンタが接続されたPCでのみ印刷が可能です。

Badge Studioの使用方法

Evolis Badge Studio+へのアップデート方法

  1. [一般] > [Badge Studioライセンス]メニューに移動します

upgrade evolis badge studio +

ウィンドウが開き、現在コンピューターにインストールされているBadge Studio のエディションと、クーポンコードを入力するためのテキストフィールドが表示されます

upgrade to ebs+

  1. テキストフィールドにアップグレードコードを入力します
  2. [アップグレードを有効にする]をクリックして、続行します

evolis badge studio +

  1. 数秒後、アップグレードが正常に完了したことを示すウィンドウが開きます。
  2. [OK]をクリックして、Badge Studioを再起動します

upgrade coupon

ソフトウェアを再起動すると、Badge Studio+が有効になります。 ソフトウェア名が次のようになっていることで、確認できます。Badge Studio+

evolis badge studio +

Badge Studioとは

Badge StudioはIDカードをデザイン・印刷するためのシンプル、パワフル、そしてユーザーフレンドリーなソフトウェアです。

利用可能なBadge Studioのエディションは?

Badge Studioは2つのエディションになりました。Badge StudioはIDカードをデザイン・印刷するための基本エディションであり、Badge Studio+はレコードを容易に管理できる内部データベースを含みます。

Badge Studioでサポートされるカメラモデルは?

DirectshowまたはWIA/TWAINドライバ対応のすべての主要なカメラはサポートされています。

ライブビデオの取得ができますか?

ご使用いただいているカメラがライブビデオをサポートしていればBadge Studioにて取得可能です。